もっと知りたい!パンの基礎知識

パンの用語集 【vol.5】スパイス・調味料編
  • 塩
    海水由来の塩の他、岩塩なども使用されることがあります。Salé(サレ)は「塩味の」という意味です。ケークサレは、塩味の効いた惣菜系のケーキです。
  • 砂糖
    Sucré(シュクレ)は「甘い」を意味します。Sucre Glaceは粉糖で、Sucre Semouleはグラニュー糖のことです。
  • 油
    Huile d’Olive(ユイルドオリーヴ)はオリーブ油。ハード系のパンに少しつけることで、オリーブ特有の風味が口に広がります。
  • 胡椒
    焼きこみ調理パン、惣菜パンなどのフィリングの味つけには重要な素材です。黒胡椒は強い香りと辛みがあり、白胡椒は上品な香りと辛みがあります。
  • バニラ
    甘い香りで、クリームの風味を引き立てます。バニラのさやの中のバニラビーンズがクリームの中に点在していると、高級感を感じます。
  • シナモン
    シナモンロールやパンデピスなどパンやお菓子によく使われる香辛料です。
  • 生姜
    チョコレートと相性が良く、ジャンジャンブルショコラという製品があります。
  • ニンニク
    オイルで炒めることで食欲をそそる特有の香りが楽しめます。バジル、オリーブオイル、ニンニクなどからつくったジェノベーゼソースは、ハード系パンとの相性が良好です。
  • コーヒー
    フランスではエスプレッソに近い、ショートコーヒーが主流です。日本のブラックコーヒーに近いものは「長めの」との形容詞を付けてCafé Allongé(カフェ・アロンジェ)と言います。
  • 紅茶
    紅茶の葉は、細かく粉砕して生地に練りこまれたり、抽出した液体を仕込に使用したりします。特有の香味が特長で、アールグレイなどが有名です。
  • 緑茶・抹茶
    直訳すると緑の茶です。粉末として生地に練りこまれたり、クリームに使用されたり「和」のテイストの創出に一役買います。
  • ジャム
    フルーツを煮詰めて保存性が高く、パン、スコーンなどにつけて楽しめます。
  • ハチミツ
    ハチミツはパンに練りこんだり、焼きあがったパンにつけて食べたりします。チーズにつけることで、チーズの臭いかくしにもなります。
  • ブラックチョコレート
    ビターチョコレートは「にがい」という形容詞を付けてChocolat Amer(ショコラアメール)と言います。
  • ホワイトチョコレート
    そのほかに象牙色のという意味からChocolat Ivoire(ショコラ・イヴォワール)とも言います。
※写真は一例となります。

ページトップに戻る
ページトップに戻る

パンの基礎知識トップに戻る

  • ホーム
  • ベーカリーを探す
  • 商品を探す
  • 特集を読む
  • MAPからお店を探す

    マップ 北海道・東北 関東・北信越 東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄 九州・沖縄
    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 新潟
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 長野
    • 山梨
    • 静岡
    • 愛知
    • 岐阜
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 岡山
    • 広島
    • 鳥取
    • 島根
    • 山口
    • 愛媛
    • 香川
    • 高知
    • 徳島
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • PANPOTA(パンポタ)とは?
    • 小麦粉から生まれる“美味しい”を創ろう! 会員制業務用お役立ちサイト e-創・食Club
    • パン食系女子