• ホーム
  • >
  • PANPOTA!おいしいニュース

PANPOTA!おいしいニュース

PANPOTA!おいしいニュースは各地の食に関するニュースで、みんなの経済新聞ネットワークが提供しています。みんなの経済新聞ネットワークは、各地のビジネス&カルチャーニュースを配信するニュースサイトによるネットワークです。

2022年05月23日[東京]

八王子で「日本一小規模なパンまつり」 1坪ショップで6日間

 日替わりでさまざまなパン店が出店する「帰ってきた八王子一坪パンまつり」が5月26日、八王子駅北口のチャレンジショップ「はちチャレ」(八王子市中町)で始まる。

 同イベントは「日本一小規模なパンの祭典」をうたい、2017(平成29)年から行われている。今回で8回目。「はちチャレ」はドン・キホーテ八王子駅前店前に位置する1坪のチャレンジショップで、6日間の開催期間中、日替わりでパン店が販売を行う。

 今回は、26日=森のこびと(谷野町)、27日=「Deep Forest 高尾店」(東浅川町)、29日=出張型コーヒースタンド「Cristopher's Coffee(クリストファーズ・コーヒー)」と「くわぱん」、31日=「Yショップ ippuku」(旭町)がそれぞれ日替わりで出店する。28日・30日について、イベントを手がける賀澤志帆さんは「当日のお楽しみに」とアピールする。

 イベントを支援するスポンサーから集めた協賛金の一部を使ってパンを購入し、社会福祉団体に寄付する取り組みなども行っている。

 今月3日~5日に八王子駅前の西放射線通り商店街(ユーロード)で行われた「八王子古本まつり」に合わせ、中町公園の近くに設けられたテントブースで「八王子一坪じゃないパンまつり」を開催した。各日パン店が出店し盛り上げた。「多い日で800~900個のパンが売れた。全日完売だった」と賀澤さん。

 今回の「パンまつり」はコロナ禍を受け、「はちチャレ」での約2年半ぶり開催となることから、タイトルに「帰ってきた」と入れた。「『一坪パンまつり』というブランドも5年の中でできあがってきた。出店する方が『一坪パンまつり』を自分事として考えてくれる姿勢もすごくありがたい」と賀澤さん。

 「久しぶりなので、本当に『帰ってきた』感がある。『一坪パンまつり』はパン屋さんの魅力を伝えるためにやっているツール。それぞれの店の販売促進につなげるため、『一坪パンまつり』というブランドの価値を上げていくのが私の役割。初めての人にも来てほしい」と意気込む。

 開催時間は各日10時~商品なくなり次第。
(八王子経済新聞)
  • ホーム
  • ベーカリーを探す
  • 商品を探す
  • 特集を読む
  • MAPからお店を探す

    マップ 北海道・東北 関東・北信越 東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄 九州・沖縄
    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 新潟
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 長野
    • 山梨
    • 静岡
    • 愛知
    • 岐阜
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 岡山
    • 広島
    • 鳥取
    • 島根
    • 山口
    • 愛媛
    • 香川
    • 高知
    • 徳島
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • PANPOTA(パンポタ)とは?
    • 小麦粉から生まれる“美味しい”を創ろう! 会員制業務用お役立ちサイト e-創・食Club
    • パン食系女子