• ホーム
  • >
  • パン工房 プティ・シアン

宮城県仙台市

パン工房 プティ・シアン

生地そのものを味わう「本当に美味しいパン」を届けたい

パンの味は、「いかに生地を傷めないか」に左右されます。あまり練らずに、よく酵母を発酵させ、よく焼く。「ホテルパンの父」と呼ばれた師匠・福田元吉の技と伝統を受け継いだ「本物の味」をご賞味ください。

topics_icon_01 公開日:2019.9.21

10周年

おかげさまでパン工房プティ.シアンは今年10周年を
迎えることができました。これからも美味しいパンを
作っていきたいと思っています🐱
topics_icon_03 公開日:2016.6.21

いつでも「一番美味しいパン」を作りたい

いつでも「一番美味しいパン」を作りたい
シェフの小島です。いくつかの有名ホテルを経験し、長年チーフベーカーとしてパン製造に携わっていましたが、平成21年(2009年)に自宅兼店舗を構えました。手間暇をかけて作る手法なので、自宅を店舗にする方が時間が自由に使えると考えたのです。また、工程途中で別の人の手が加わるとどうしても味が変わってしまうので、思い通りのやり方で作りたい分だけ作れる、全工程を一人で行う今のスタイルがいいと思いました。実際、全てを一人でこなすのは大変ですが、それでもこの方が性にあっているかもしれません。
最近は仙台にも、こだわったパンを出すお店が増えてきました。他店のことも注目して見ています。味はお客様それぞれの好みではありますが、やっぱり負けたくないという気持ちがあります。勝ち負けではないけれども気概として、どのパン屋にも勝ちたい。いつでも、「一番美味しいパンを作りたい」と思っています。
topics_icon_02 公開日:2016.6.21

パンは日常のものだからこそ、本物の味を

パンは日常のものだからこそ、本物の味を
ひとつひとつを丁寧に、時間をかけて作ることで、生地にかかるストレスを少なくし、小麦粉や酵母が本来持っている香り、旨味を引き出しているのが自慢です。パン生地にイースト特有のにおいがなく、香り高い焼き上がりとなっています。例えば人気のクロワッサンなど、発酵バターを使って、全て手折りで生地を仕込んでいますが、仕込から焼き上がりまではおよそ10時間くらいかかります。それだけの時間がかかる主な理由は、長時間発酵によるものですが、その手法を選んでいるのも、生地を何よりも大事にしているからです。じっくりと作りこんでいるおかげで、生地そのものだけの美味しさを十分に深く味わってもらえるパンになっています。手法だけではなく、材料にもこだわり、厳選した素材を使っています。パンは日常的に食べるものだからこそ、本物の味を知って、生地そのものを十分に味わって食べてほしいと思っています。
  • ホーム
  • ベーカリーを探す
  • 商品を探す
  • 特集を読む
  • MAPからお店を探す

    マップ 北海道・東北 関東・北信越 東海 近畿 中国・四国 九州・沖縄 九州・沖縄
    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 新潟
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 長野
    • 山梨
    • 静岡
    • 愛知
    • 岐阜
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 岡山
    • 広島
    • 鳥取
    • 島根
    • 山口
    • 愛媛
    • 香川
    • 高知
    • 徳島
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 大分
    • 熊本
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄
    • PANPOTA(パンポタ)とは?
    • 小麦粉から生まれる“美味しい”を創ろう! 会員制業務用お役立ちサイト e-創・食Club
    • パン食系女子